fc2ブログ
 

Ken-chan's Cafe

お酒、グルメとショッピングが大好きな元お兄さんの日記です。 自分が見つけた素敵なお店や商品と共に自分自身の健康管理、ダイエットについても紹介していきます。、よろしくお願いします。
 
 
FC2カウンター
ブログランキング
ご覧いただき、ありがとうございます。   ランキングに、ご協力お願いします。
はたらいく
求人の検索、かなりの確率でお仕事が内定します。
楽天市場
L.L.Bean
Yahoo!ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ

みぞれ (角川文庫) [ 重松 清 ]    おいらが読んだ本 

連休、最終日。


以前から、おいらの中で計画していたこと。

長年行っていない、母方のお墓参りをすること。


昨晩、母に提案し、いきなり決まったことです。

早朝から、午前中いっぱいかかりましたが、行ってよかったです。


おいらが読んだ本     みぞれ角川文庫) [ 重松  ] 







みぞれ角川文庫) [ 重松  ]


内容紹介(「BOOK」データベースより)


あなたに似た人が、ここにいるー。

幼なじみの少女が自殺未遂、戸惑いながら「死」と向き合う高校1年生の少年。

結婚7年目、セッカチな夫に最近うんざりしてきた妻。

子供がいないとつい言えなくて、一芝居うつ羽目に陥った夫婦。

どちらかがリストラされる岐路に立たされた40歳の同期社員。

晩年を迎えた父に、複雑な思いを抱く43歳の息子…。

ひたむきな人生を、暖かなまなざしでとらえた11の物語。

文庫オリジナル短編集。





この連休中、時間を見つけて みぞれ角川文庫) [ 重松  ] を読みました。


自宅前が宗教系の有名私立中高一貫男子野球部で、

生活態度が良くないので、自宅でゆっくり読書ができないため、

読書のためだけに、休日にお出かけしている、おいら。


みぞれ角川文庫) [ 重松  ] は、冷房が効いている本屋で読んだ本。

おいらにとって、重松 の本は、一種のオアシスになっている。


みぞれ角川文庫) [ 重松 清 ] を読みながら、

少し自分の過去と照らし合わせてみたり、

知人、両親のこと、様々なことに思い巡らせながら読みました。


みぞれ (角川文庫) [ 重松 清 ] を読み終え、

心があったかくなった。


おいらが読んだ本     みぞれ (角川文庫) [ 重松 清 ] 






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



定年ゴジラ (講談社文庫) [ 重松 清 ]    おいらが読んだ本 

今日、会社で、新しい課長との面談。

何を聞かれるのだろう?少し心配でしたが、

今まで取り組んだ業務のこと、

今年、取り組む資格取得の話など。


おいらの方からは、伝えておきたい自身のこと。

末期の緑内障で視界が狭くなっていること。

脳出血の関係で、うまく話せない、字がうまく描けない、タイピングがスムーズに出来ないこと。

家族のことで、父が施設で生活していることを伝えました。

後から聞かれる前に、辛かったけど自身で伝えました。


おいらが読んだ     定年ゴジラ講談社文庫) [ 重松 ]    






定年ゴジラ講談社文庫) [ 重松 ]


内容紹介(出版社より)

暇であっても退屈ではない!老朽化したニュータウンで第2の人生を歩み始めた定年4人組の物語。

開発から30年、年老いたニュータウンで迎えた定年。

途方に暮れる山崎さんに散歩仲間ができた。

「ジャージーは禁物ですぞ。腰を痛めます。腹も出ます」先輩の町内会長、

単身赴任で浦島太郎状態のノムさん。

新天地に旅立つフーさん。

自分の居場所を捜す4人組の日々の哀歓を温かく描く連作。

「帰ってきた定年ゴジラ」収録の完成版。

定年ゴジラ

第一章 定年ゴジラ

第二章 ふうまん

第三章 きのうのジョー

第四章 夢はいまもめぐりて





おいらも年を重ねてくると、”定年”の言葉が身近になってくる。

定年ゴジラ (講談社文庫) [ 重松 ] は、そんな時、見つけた

定年ゴジラ (講談社文庫) [ 重松 ] を読みながら、

自身の定年後を想像してみた。

定年後、どんな生活になるのだろう?

それより、今をどうにかしないとね。


おいらが読んだ     定年ゴジラ (講談社文庫) [ 重松 ]  







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






答えは風のなか [ 重松清 ] おいらが読んだ本 

とても暑い日だったみたい。


今週は、とても憂鬱。

しないといけないことが沢山あるから。


自宅前の宗教系の有名私立中高一貫男子野球部ができて、

ゆっくり自宅で読書もできない状態。


最近は、隣町の屋、図書館でを読んでます。



おいらが読んだ    答えは風のなか [ 重松清 ]  







答えは風のなか [ 重松清 ]



内容紹介(出版社より)


この気持ちは、なんだろう?

はじめて感じる胸のモヤモヤ。

過ぎ去ってしまったあの頃のこと。

いま、心のなかにある感情は

これからどこに行くのだろう。


家族、友だち、社会。

胸がぎゅっと苦しくなったとき。

頭でも、心でも、わからなくても、きみといっしょに考える。

この世界を、ずんずん歩いていくために。


『きみの町で』に続く10の物語。


答えは風のなか [ 重松清 ]
by カエレバ


タイトルの 答えは風のなか [ 重松清 ]  で読み始めた


答えは風のなか [ 重松清 ]  を読んでみて、

ほのぼのとした感じになった。


おいらの場合、少し力を抜いて生きていけたらな。

おいらの人生の答えも、風の中にあればいいな。


おいらが読んだ    答えは風のなか [ 重松清 ]  







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






流星ワゴン (講談社文庫) [ 重松 清 ] おいらが読んだ本 

今朝も、低血圧で、起床が大変だった。

目は覚めているのに、起き上れない。

もう時間との、闘い!

仕方がない、慣れたけれど。


会社では、自宅前での車との接触について、

少しだけ、おしゃべり。

空き巣タウンなので、運転が荒いで、一致。



おいらが読んだ     流星ワゴン講談社文庫) [ 重松 ]






流星ワゴン講談社文庫) [ 重松 ]



内容紹介(出版社より)

死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。

その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。

そしてーー自分と同い歳の父親に出逢った。

時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。

やり直しは、叶えられるのかーー? 

の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。



38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢ったーー。

僕らは、友達になれるだろうか?

死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。

その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。

そしてーー自分と同い歳の父親に出逢った。

時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。

やり直しは、叶えられるのかーー?「の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

流星ワゴン

文庫版のためのあとがき



流星ワゴン (講談社文庫) [ 重松 清 ]
by カエレバ



流星ワゴン講談社文庫) [ 重松 ] は、昔、心がつらくなったときに出会った

その後、ドラマになった。


流星ワゴン講談社文庫) [ 重松 ]  を読みながら、

共感できるところも多かった。


流星ワゴン (講談社文庫) [ 重松 ]  を初めて読んだ頃は、

おいらの失業と重なって、思うことも多かった。


そして今、改めて 流星ワゴン (講談社文庫) [ 重松 清 ] を読んでみて、

初めて読んだ時代を思い出した。



おいらが読んだ     流星ワゴン (講談社文庫) [ 重松 清 ]







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

また次の春へ (文春文庫) [ 重松 清 ]    おいらが読んだ本 

先日より、少し暖かいかな?

気持ちのいい風に乗って、桜の香りが漂っています。


先日のお休み、今日は、何もしない日っと決めて、

読みかけのを読み終えました。


おいらが読んだ     また次の春へ文春文庫) [ 重松 ] 







また次の春へ文春文庫) [ 重松 ]


内容紹介(出版社より)

喪われた人、傷ついた土地。「あの日」の涙を抱いて生きる私たちの物語集。

「俺、高校に受かったら、とか読もうっと」。

幼馴染みの慎也は無事合格したのに、卒業式の午後、浜で行方不明になった。

分厚い小説を貸してあげていたのに、読めないままだったかな。

彼のお母さんは、まだ息子の部屋を片付けられずにいる(「しおり」)。


突然の喪失を前に、迷いながら、泣きながら、一歩を踏み出す私たちの物語集。



また次の春へ (文春文庫) [ 重松 清 ]
by カエレバ



また次の春へ文春文庫) [ 重松 ] のタイトルに惹かれ、

読み始めた

また次の春へ文春文庫) [ 重松 ] は、テーマが重すぎて

何度もを閉じて、考えさせられるでした。


いつもなら、短期間で読み終えるのに。

おいらにも、訪れるような感じ。

両親を送った後かな?!意味が違うかな?


おいらが読んだ本     また次の春へ文春文庫) [ 重松 ] 





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




セブンネットショッピング
おうちでお買い物しています。
楽天プレミアムカード
1300ヵ所以上の空港ラウンジをご利用いただける 「プライオリティ・パス」などプレミアムカードだけのステータスを得ることができます。
Amazon
Expedia Japan
海外現地オプショナルツアー
ひとり旅。だから出会える!異文化交流にオススメの一人参加OKツアー
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
お小遣い
こちらのサイトで、少しですが、お小遣い稼いでます。
電子チケットぴあ
チケットぴあ
お役立ち情報サイト
お役に立ちます、よろしければご利用ください。
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お役立ち